ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年10月09日 12時15分 公開

ボーズの睡眠サポートイヤフォン、1年ぶりに復活 「Sleepbuds II」発売へ

ボーズは睡眠サポートイヤフォン「Sleepbuds II」を10月29日に発売する。1年前に電源周りのトラブルで販売を打ち切った「Bose noise-masking sleepbuds」の後継機。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ボーズは10月8日、睡眠サポートイヤフォン「Sleepbuds II」を発表した。1年前に電源周りのトラブルで販売を打ち切った「Bose noise-masking sleepbuds」の後継機。音響や電子回路の設計を見直し、ノイズマスキング性能を向上させた。価格は3万3000円(税込)で29日に発売する。

「Sleepbuds II」

 Sleepbuds IIは、外部の騒音やパートナーのいびきといったノイズをマスキングするイヤフォン。音響心理学や神経学などの知見を元に開発した「sleeptrack」という特殊な音源を再生し、生活騒音やいびきを人間の耳で知覚しにくくする。

 専用アプリ「Bose Sleep App」には新たにリラクゼーションサウンドも収録。睡眠の妨げとなるストレスや緊張の緩和に役立つという。

専用アプリ「Bose Sleep App」には新たにリラクゼーションサウンドも収録

 本体は厚さ6.35mmと薄くなり、表面にはアンチフリクションコーティングを施して寝具との接触によるタッチノイズを防ぐ。バッテリーはニッケル水素充電池で、連続で10時間使用できる。

 ボーズが米コロラド大学と共同で実施した臨床研究では21歳から65歳まで55人の被験者が10日間にわたって検証に参加。入眠までにかかる時間が平均32.5%減ったという(有効データ50人)。被験者の主観による評価では86%が「入眠時に効果的」と判断している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.