ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年10月09日 20時01分 公開

Google、特定の物音だけを拾って通知する「音検知通知」機能 「音声文字変換」アプリに追加

米Googleは、Androidアプリ「音声文字変換」向けに、周囲の特定の物音を検知してスマートフォンに通知する新機能を公開した。

[ITmedia]

 米Googleは10月8日(米国時間)、Androidアプリ「音声文字変換」向けに、周囲の特定の物音を検知してスマートフォンに通知する新機能を公開した。

photo スマートフォンの通知画面

 赤ちゃんの泣き声や火災報知器など、特定の音をスマートフォンのマイクが検知し、スマホのバイブレーションやカメラのフラッシュなどでユーザーに通知する仕組み。ドアのノック音や蛇口から流れる水の音、犬の鳴き声など10種類の音に対応し、個別に通知のオンオフを設定できる。

 主に難聴など聴覚障害者向けの利用を想定しているという。スマートウォッチにアプリをインストールしておけば、スマホと連動してスマートウォッチで通知を受けることも可能。火災報知器などの重要な通知は睡眠中でも受けられるという。

photo スマートウォッチでも通知を受けられる

 新機能の追加に伴い、アプリ名は「音声文字変換/音検知通知」(Live Transcribe & Sound Notifications)に変更。アプリをインストールしていればスマートフォン設定の「ユーザー補助」から通知を設定できるとしているが、日本向けにはアプリのアップデートが来ていないため、まずは米国など一部地域向けの提供となるとみられる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.