ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年10月12日 15時17分 公開

「笑顔測定器」をオフィスに設置 メンタルヘルス向上に パーソルHDが新施策

パーソルホールディングス(HD)が、オフィスに社員の笑顔を測定する「笑顔測定器」を設置。測定をきっかけに社員の笑顔を増やし、メンタルヘルスの向上につなげる。

[ITmedia]

 パーソルホールディングス(HD)は10月12日、オフィスに社員の笑顔を測定する「笑顔測定器」を設置した。測定をきっかけに社員の笑顔を増やし、メンタルヘルスの向上やコミュニケーションの活性化につなげるという。

 測定器はパーソルHDの本社ビル(東京都港区)に設置。社員などが測定器のカメラに笑顔を向けると、目や口の動きを判別し、笑顔の度合を大・中・小の3段階で判定する。エントランスに設置したことで「笑顔を職場に持ち込んでほしい」としている。

photo 笑顔測定器のイメージ

 まずは1カ月の試験運用を行い、その後はグループ企業のパーソル総合研究所と協力し、利用者にアンケートを実施。結果に応じて他のオフィスへの設置などを検討する。

 測定器の開発には、ソニーの顔画像認識技術や、クウジット(東京都港区)による笑顔の計測技術群「IoHプラットフォーム」を使用した。試験中は利用数も計測し、1回につき10円程度をパーソルHDが外部に寄付する。寄付先は選定中で、パーソルグループが目指すSDGs(持続可能な開発目標)に関連する団体を検討するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.