ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年10月12日 19時19分 公開

人がいない時を狙って熱交換器を除菌するエアコン、富士通ゼネラルが発売

富士通ゼネラルが人がいない時をAIが判断し、室内機の熱交換器を自動で加熱除菌するエアコン「nocria Xシリーズ」を発表した。

[ITmedia]

 富士通ゼネラルは10月12日、人がいない時をAIが判断し、室内機の熱交換器を自動で加熱除菌するエアコン「nocria Xシリーズ」を発表した。11月14日に発売する。価格は6畳用の約28万円から。

「nocria(ノクリア) Xシリーズ」

 加熱除菌は、冷房や除湿で熱交換器に発生した水滴で汚れを洗い流した後、55℃の高温状態にして細菌やカビ菌を除去する仕組み。殺菌中はエアコンが利用できないため、AIが履歴などからユーザーの生活リズムを学習し、外出していると予測した時間帯に自動で行う。

加熱殺菌の仕組み

 除菌にかかる時間は、洗浄などを含めて約35分。3日に1回をめどにAIが実行する。

 同社が実施した実験では、55℃、10分間の除菌加熱で熱交換器に付着した細菌、カビ菌ともに99%以上減少したという。試験は北里環境科学センターで行った。

 nocria Xシリーズは、室内機の左右に室温の気流を吹き出す「デュアルブラスター」を備えた上位モデル。デュアルブラスターの気流と冷暖房の気流を組み合わせ、直接体に冷気をあてない冷暖房などを可能にした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.