ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年10月13日 20時43分 公開

H&M、靴下をニットに自動で変える機械 衣服のリサイクル工程を視覚的に訴求

H&Mは複数の古着を組み合わせて、新しいアイテムに作り変える機械「Looop」をスウェーデン・ストックホルム市内の店舗に導入した。日本を含めた海外店舗への展開は未定。

[ITmedia]

 スウェーデンのH&M HENNES & MAURITZ(以下H&M)は10月12日(現地時間)、複数の古着を組み合わせ、新しいアイテムに作り変える機械「Looop」をスウェーデン・ストックホルム市内の店舗に導入した。衣服のリサイクル工程を来店客に見せることで「古着にも価値があり、廃棄されるべきではないと視覚的に訴求する」(同社)としている。

photo H&Mが導入したLooop

 利用者がLooopに衣類を投入すると、衣服は機械内で洗浄され裁断。機械が糸の状態になったものを再び編み込むことで、約5時間後に新しい衣服に作り変える。

photo 衣類を洗浄し、裁断する
photo 糸の状態になったものを再度編み込む

 H&Mが公式Webサイトに掲載した動画では、穴が開いた靴下を機械に投入すると、女性用ニットに変化する様子を紹介している。同社によると現在はニットや靴下のみに対応し、女性用ニットやベビー用マフラーなどを作れるという。

 Looopは水や化学薬品を使用しないため、一から衣類を作る手法よりも環境への負荷を抑えられるとしている。H&Mの非営利財団・H&M Foundation、香港の研究機関や繊維メーカーと共同開発した。日本を含め海外店舗への展開は未定。

 価格は1回の利用につき、一般ユーザーが150スウェーデン・クローナ(約1700円)、会員組織「ロイヤリティープログラム」のメンバーが100スウェーデン・クローナ(約1200円)。収益は素材の研究費用に充てるという。

 H&Mは、2030年までに衣類の製造に使う全ての素材をリサイクルなどで調達された素材へ切り替えるとし、19年には57%を達成している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.