ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年10月16日 15時35分 公開

NHK、テレビ設置の届け出義務化を要望 居住者情報との照会も

NHKは10月16日、総務省「放送を巡る諸課題に関する検討会」でテレビ受信設備を設置する際に届け出を義務化するように要望した。合わせて居住者情報との照会も要望している。

[ITmedia]

 NHKは10月16日、総務省「放送を巡る諸課題に関する検討会」でテレビ受信設備を設置する際に届け出を義務化するように要望した。訪問によらない営業活動を実現するためで、あわせて外部からの居住者情報照会も要望した。

出典はNHK

 NHKが公開した資料によると、現在の訪問営業に多大なコストがかかる上、「粘り強く対応することによるクレームやトラブル」が発生しているという。2019年度に訪問巡回活動にかかった経費は305億円。

 訪問によらない営業活動を実現するには、誰が受信契約の対象かを把握する必要がある。そのために受信設備(テレビ)設置時には届け出を義務化し、NHKが居住者情報と照会できる制度を整備したい考え。

 未契約世帯に対してはまずポスティング文書などで届け出を促し、未設置の場合にも「未設置の届け出」を求める。届け出が行われない場合には外部(ガス会社など)が持つ居住者情報と照会し、郵送などで案内。それでも届け出がない場合には訪問や通知を行った上、最終的に訴訟を提起するというイメージだ。

 これにより、NHKでは視聴料の公平負担の徹底と営業経費の大幅な削減、訪問営業に関わるクレームの抑止が可能になるとしている。

運用イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.