ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年10月20日 16時55分 公開

ソニー、2022年に人工衛星打ち上げへ 誰でも使えるカメラ搭載

ソニーは、JAXAや東京大学と協力して同社製カメラを搭載した人工衛星を2022年に打ち上げると発表した。一般の人たちが地上から操作し、撮影できるようにする。

[ITmedia]

 ソニーは10月20日、JAXAや東京大学と協力し、同社製カメラを搭載した人工衛星を2022年に打ち上げると発表した。一般の人たちが地上から操作し、撮影できるようにする。オンラインで開催中の「CEATEC 2020」で明らかにした。

 プロジェクトは、JAXAが2018年から推進している共創プログラム「JAXA宇宙イノベーションパートナーシップ」(J-SPARC)の一環として進める。東大が超小型の人工衛星を作り、ソニーが開発したカメラを搭載。JAXAは人工衛星の運用などで技術支援を行う。

 カメラは地上から遠隔でパン、チルト、ロール、ズームといった操作が行える。ソニー、宇宙エンタテインメント準備室の中西吉洋さんは「一般の人たちも(スマホやPCで)予約し、カメラを操作して撮影できる仕組みを作りたい。台風や天の川など撮影して共有できる世界を目指す」とした。

ソニー、宇宙エンタテインメント準備室の中西吉洋さん
誰でもこのような写真を撮影できるようにしたいという

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.