ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年10月21日 14時24分 公開

Amazon、クラウドゲーミング「Luna」の早期アクセスを米国でスタート

米Amazon.comが、サブスク制クラウドゲーミングサービス「Luna」の早期アクセスを米国の一部ユーザー向けに始めた。

[ITmedia]

 米Amazon.comは10月20日(現地時間)、サブスクリプションのクラウドゲーミングサービス「Luna」の早期アクセスを始めた。米国の一部ユーザーが対象で、ゲームへのフィードバックを求めるという。

photo 「Luna」の早期アクセスがスタート

 LunaはAmazon.comが9月に発表したクラウドゲーミングサービス。基盤に傘下のクラウドサービス「Amazon Web Services」を活用する。PC、Mac、iPhone、iPad、同社のスティック型セットトップボックス「Amazon Fire TV」、専用コントローラー「Luna Controller」でプレイできる。早期アクセスでは50タイトルのゲームを提供する。料金は月額5.99ドル(約630円)。

photo 提供するタイトルの一部
photo 専用コントローラー「Luna Controller」

 Amazon.comによると、早期アクセスへの応募は数十万件に達したという。ユーザーから寄せられたフィードバックを基にLunaの完成度を高めたいとして、数カ月にわたって招待するユーザーを増やす。

 今後はAndroidも対応プラットフォームに加える予定。ゲームメーカー大手・米Ubisoftのゲームチャンネル開設や、人気ゲームの新作「Assassin’s Creed Valhalla」など、新しいタイトルも追加するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.