ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年10月22日 08時35分 公開

PayPalアカウントでの暗号通貨利用が可能に まずはビットコインなど4銘柄で

オンライン決済のPayPalが、PayPalアカウントでの暗号通貨の購入、保持、販売を可能にすると発表した。向こう数週間中に米国で、ビットコイン、イーサリアムなど4銘柄を利用可能になる。来年初頭には約2600万店で暗号通貨での買い物が可能に。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米オンライン決済サービス大手のPayPalは10月21日(現地時間)、PayPalアカウントから直接暗号通貨を購入、保持、販売できる新しいサービスを開始すると発表した。暗号通貨を資金として利用できるようにすることで、暗号通貨の有用性を高めていくという。

 まずは向こう数週間中に米国で開始する。サポートするのは、Bitcoin、Ethereum、Bitcoin Cash、Litecoinの4銘柄。PayPalデジタルウォレット内で選択した暗号通貨を購入、保持、販売できる。法定通貨への換金は追加料金なしだ。

 paypal

 2021年初頭には、約2600万の加盟店で暗号通貨での支払いが可能になる見込み。加盟店は、ペイパルのレートで換金された法定通貨を受け取る。

 ダン・シュルマンCEOは「PayPalのグローバルなリーチやデジタル決済の専門知識、消費者と小売業を結ぶ両面ネットワーク、厳格なセキュリティとコンプライアンス管理が、デジタル通貨の普及に役立つ。世界中の中央銀行や規制当局と協力し、グローバルな金融と商業におけるデジタル通貨の役割形成に貢献していく」と語った。

 PayPalの競合、ジャック・ドーシー氏率いる米Squareは2018年から「Square Cash」で暗号通貨の1つ、Bitcoinの送金を可能にしている。同社は今月、5000万ドルで4709ビットコインを購入している。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.