ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年10月29日 10時09分 公開

あつ森に「すみだ水族館」再現 生き物マイデザイン配布にチンアナゴのファンミーティングも

すみだ水族館は、Nintendo Switchソフト「あつまれ どうぶつの森」でオリジナルの「すみすい島」をオープンした。11月にはオンラインファンミーティングを行う。

[ITmedia]

 すみだ水族館は10月28日、Nintendo Switchソフト「あつまれ どうぶつの森」でオリジナルの「すみすい島」をオープンした。11月11日にはTwitterで募集したファンを集めて「チンアナゴ」のオンラインファンミーティングを行う。

「すみすい島」。「夢番地」は「DA-8305-5394-0142」

 すみすい島は、すみだ水族館を代表する生き物、チンアナゴ、クラゲ、ペンギンの形をした3つのエリアで構成。それぞれの生き物に関連するフォトスポットや実際の水族館を再現した場所などがある。

島の様子

 チンアナゴなどの“なりきりコーデ”セットや水族館スタッフTシャツなどマイデザインを配布。島の責任者である「かんちょうさん」が「がんばって作った」という。

 11月11日の「チンアナゴの日」には抽選で35人をオンラインファンミーティングに招待する。島民代表の「かんちょうさん」が島内を案内する他、クイズ大会、写真撮影会などを予定。その様子は、すみだ水族館の館内モニターやYouTubeチャンネルで生中継する。

 すみだ水族館は東京墨田区の「東京スカイツリー」に併設された水族館。今年1月には純金製のチンアナゴのオブジェ「純チン」を111万円の福袋にして売り出し、コロナ禍で臨時休館が長期化していた4月にはチンアナゴをビデオ通話アプリで公開する「顔見せ大会」を開催するなど話題になった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.