ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年10月29日 15時45分 公開

ヤマハ、デジタルサックスを発売 本物のパーツを採用して響きを再現

ヤマハがデジタルサクソフォン「YDS-150」を発売する。息を吹き込むだけで本体のスピーカーからサクソフォンの音が鳴る。本体には実際のサクソフォンのベルを搭載し、実物に近い響きを再現した。

[谷井将人,ITmedia]

 ヤマハは10月29日、デジタルサクソフォン「YDS-150」を11月20日に発売すると発表した。息を吹き込むと本体のスピーカーからサクソフォンの音が鳴る。本体には実際のサクソフォンと同様のベルを搭載し、実物に近い響きを再現した。価格はオープン。

photo

 マウスピース(歌口)や本体のキーの配置、ベルは実際のサックスと同じものを採用。スピーカーから出た音はベルなどを伝って本体や演奏者にも振動として伝わる。同社は自然な操作感と心地よい響きを再現したとしている。

 吹き込む息の圧力に応じて音量や音色が変化する。音量調節は15段階で、ヘッドフォンなどを使えば外に音を漏らすことなく演奏できる。

 音色は実際のサクソフォンの音を収録して作ったものが56種類、シンセサイザーが17種類。スマートフォンやタブレットとBluetooth接続し、専用アプリ「YDS Controller」(iOS/Android、無料)で音色の変更、音色の変更、エフェクトの調整、運指や息の抵抗感といったカスタマイズにも対応する。

photo YDS Controller

 ヤマハによると、サクソフォンは人気の楽器だが、音も大きいことから家で気軽に練習できないケースもあるという。YDS-150はこの問題を解消するために開発した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.