ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年11月04日 11時23分 公開

メルカリ、ポスト投函で発送OKに 非対面の配送を強化

メルカリが、フリマアプリ「メルカリ」の商品を郵便ポストから発送できるサービスを発表。4日の正午から提供する。非対面での発送を可能にし、利用者が新型コロナウイルスに感染するリスクを減らす。

[吉川大貴,ITmedia]

 メルカリは11月4日、フリマアプリ「メルカリ」の商品を郵便ポストから発送できるサービス「ゆうパケットポスト」を発表した。日本郵便と協力し、匿名配送サービス「ゆうゆうメルカリ便」のオプションとして、同日正午から提供する。非対面で商品を送れるようにし、利用者が新型コロナウイルスに感染するリスクを減らす。

 利用者がメルカリで売れた商品を専用の箱で梱包。箱に貼られたQRコードをスマートフォンで読み取った後、商品を郵便ポストに投函すると発送が完了する。発送できる郵便ポストは全国約15万カ所。

photo ゆうパケットポストのイメージ

 サービス利用料はメルカリ上で支払う。料金は1回につき200円(税込、以下同)。箱のサイズは約32.7(縦) ×約22.8(横)×約3(厚さ)cmで、重さ2kgまでの商品を梱包できる。

 箱は全国のローソン、一部の郵便局(約1100局)、100円ショップ「セリア」、メルカリ内のECサイト「メルカリストア」で販売する。価格はローソンと郵便局では1枚65円、セリアでは2枚110円、メルカリストアでは5枚300円。販売拠点は順次拡大する予定。

photo メルカリの石川佑さん(事業開発マネージャー)

 メルカリの石川佑さん(事業開発マネージャー)は新サービスについて「コロナ禍による非対面需要に対応するほか、全国約15万カ所の新たな配送拠点(郵便ポスト)を活用することで、利便性の向上や新規顧客の獲得を見込んでいる」としており、今後1年間で1000万件の利用を目指すという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.