ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年10月15日 13時13分 公開

メルカリ、郵便局からの配送サービスに新サイズ アパレルや食器などのニーズに対応

メルカリと日本郵便は10月15日、フリマアプリ「メルカリ」の配送サービス「ゆうゆうメルカリ便」で送れる専用箱「ゆうパケットプラス」を発表した。

[井上輝一,ITmedia]

 メルカリと日本郵便は10月15日、フリマアプリ「メルカリ」の配送サービス「ゆうゆうメルカリ便」で送れる専用箱「ゆうパケットプラス」を発表した。容量は雑誌やCDなどを送れる「ゆうパケット」と、比較的大型な「ゆうパック」の中間サイズとなる。16日から提供を開始する。

服や食器などかさばるものを送れるという「ゆうパケットプラス」

 「メルカリで取引の多いアパレルや、ゆうパケットには収まらない食器などかさばるものの発送に使ってほしい」と、メルカリの野辺一也役員はゆうパケットプラスの狙いを話す。

 ゆうパケットプラスの専用箱は全国の郵便局、ローソン、オンライン上のメルカリストアで購入できる。価格は65円で、送料は375円(いずれも税込)。箱のサイズは24(幅)×17(奥行き)×7(高さ)センチで、梱包時の重量は2キロまで対応する。

 荷物の差し出しはローソンかゆうゆう窓口のある郵便局から行える。受け取りは専用箱が入る大型の郵便受けがあれば投函してもらえるが、そうでない場合は手渡しとなり、不在の場合は再配達の依頼が必要。

ゆうパケットプラスの使い方ゆうパケットプラスの使い方 ゆうパケットプラスの使い方 まず箱を購入する。次にメルカリアプリのQRコードを読み取り機にかざし、伝票を発行する
ゆうパケットプラスの使い方ゆうパケットプラスの使い方 読み取り機の下から伝票が発行される。梱包した専用箱に貼り、ゆうゆう窓口に出すと発送完了

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.