ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年11月05日 16時04分 公開

NTTドコモ、eスポーツ事業に本格参入 モバイル版「PUBG」のプロリーグ設立へ 賞金総額3億円

NTTドコモがeスポーツ事業に本格参入。まずはスマートフォン向けゲーム「PUBG MOBILE」のプロリーグを設立する。賞金総額は3億円で、参加チームやスポンサーも募集している。

[吉川大貴,ITmedia]

 NTTドコモは11月5日、eスポーツ事業に本格参入すると発表した。まずは2021年2月に、スマートフォン向け対戦ゲーム「PUBG MOBILE」のプロリーグ「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE」を設立する。賞金総額は3億円。参加チームやスポンサーも募集している。

 ドコモが運営するプロリーグには全16チームが参加予定。各チームの人数は5〜7人で、試合に出場できるのは4人。シーズンは上期(21年2月〜4月)と下期(同7月〜9月)の2フェーズ制で、全チームによる同時対戦を計100試合行う。

 リーグに加盟できるのは法人がオーナーを務めるチームのみ。所属選手とはプロ契約を結び、賞金とは別に年間350万円以上を支給する。

 21年以降には、スマホ向けオンラインゲーム「League of Legends:Wild Rift」の大会も実施する。提供元の米Riot Gamesと共同で開催する予定だが、賞金額や参加チーム数などは未定という。

 NTTグループではすでに、NTTe-Sports(東京都新宿区)がアマチュア向けのeスポーツリーグを運営している。NTTドコモは原則としてプロリーグのみを運営し、グループ内の事業を差別化するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.