ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年11月06日 13時20分 公開

NEC、5Gと映像分析の実験施設を開設 交通分野でデータ活用など研究

NECが、5Gや映像分析などを活用して交通分野の実証実験を行う施設を開設した。道路のインフラと車両を無線でつなぎ、事故の抑止や自動運転支援に役立てる“インフラ協調型モビリティーサービス”の検証や評価を行う。

[谷井将人,ITmedia]

 NECは11月6日、5GやAIによる映像分析などの技術を活用して交通分野のサービスの検証やパートナー企業との実験を行う施設「NECモビリティテストセンター」を静岡県御殿場市に開設したと発表した。信号機など道路のインフラと走行車両を無線でつなぎ、事故の抑止や自動運転支援に役立てる“インフラ協調型モビリティーサービス”の検証や評価を行う。

photo

 モビリティテストセンターには、疑似交差点やローカル5G基地局、カメラなどを設置した全長約120mのコースを設置。MaaSや自動運転技術の実証実験などを行う。

 2020年度中に、カメラで交差点の映像を撮影して分析し、横断者や速度超過車両などの情報を5G通信で伝える実験や、映像分析で歩行者や交通量などをリアルタイムに解析し、人の移動をデータ化して街作りに生かす実験、カメラで路面の状況を分析し、落下物や倒木などがあれば注意喚起を行う実験などを行うとしている。

photo

 政府は19年6月に「世界最先端デジタル国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」を発表。5Gなどの技術を活用した交通インフラの実現に向けた指針を明らかにした。20年度からは技術仕様や実現に向けたロードマップなどの策定が進んでおり、今後は実証実験も活発化する見込みという。NECは中期経営計画で安全な街作りを目指すセーフティ事業を成長エンジンに位置付けて研究を行う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.