ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年11月17日 11時31分 公開

Huawei、サブブランドHonorを売却 「困難な時期を乗り切るため」

米国からの事実上の禁輸措置で苦境に立つ中国Huaweiが、人気のサブブランド「Honor」を売却する。買収するのはHonorの販売者やサプライヤーが立ち上げたコンソーシアムで、この取引で「この困難な時期を乗り切る」としている。

[ITmedia]

 中国Huaweiは11月17日(現地時間)、人気のサブブランド「Honor」のすべての事業を中国Shenzhen Zhixin New Information Technologyに売却すると発表した。売却額などの取引の詳細は公表されていない。

 huawei

 Shenzhen Zhixin New Information Technologyは、30以上の代理店や販売店が自らの存続のために立ち上げたコンソーシアムで、Huawei自身は参加しない。

 Huaweiは声明文で、「Huaweiの消費者事業は現在、途方も無い圧力にさらされている。携帯電話事業に必要な技術的要素を利用できないためだ」とし、この売却は「Honorを扱う販売者とサプライヤーが困難な時期を乗り切る役に立つ」と語った。

 Honorは、若者向けの低価格スマートフォンブランドとして立ち上げられ、スマートウォッチやノートPCなども展開している。中国の他、東南アジアや報酬でも製品を販売している。

 honor Honorのグローバルサイト

 Huaweiに対しては、米国が国家安全保障上の脅威になるとして事実上の禁輸措置をとっており、Huaweiは独自のハイエンドプロセッサ「Kirin」の製造が難しくなっていると発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.