ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年11月18日 13時27分 公開

「Chrome 87」公開 CPU使用率を1/5に削減、タブ検索機能も

米Googleが「Chrome 87」を公開した。起動やページ読み込みの高速化、省電力化、タブ検索機能の追加などを行った。

[谷井将人,ITmedia]

 米Googleは11月17日(現地時間)、Webブラウザ安定版のアップデートとなる「Chrome 87」(バージョン87.0.4280.66)をWindows、Mac、Linux向けに公開した。起動やページ読み込みの高速化、省電力化、タブ検索機能の追加などを行った。

photo タブ検索機能

 今回の更新で、起動速度は最大25%、ページの読み込み速度は最大7%高速化したという。開いているタブを把握し、その他のタブに掛かるリソースを制限することで、CPU使用率は最大で1/5まで下がるとしている。

 ウィンドウ横断で開いているタブを検索する機能も追加。最小化ボタンの左に新たなボタンを設け、クリックされると検索窓を表示する。まずはChromebook向けに公開し、近日中にWindowsやMacに向けても展開する。

 アドレスバーの機能も拡張した。URLの入力や検索に加え、アドレスバーに「パスワードの編集」「検索履歴の削除」などと入力するとバーから直接その操作ができるようにした。

photo アドレスバーの機能拡張

 その他、オーバーフローを起こしている箇所やUIの不具合など、緊急度高を含む33のセキュリティ修正も行った。

 近日中には、最近閲覧したページや関連コンテンツを表示する「カード」機能を、新しいタブのページに追加する。うっかり閉じてしまったサイトを表示したい場合の時間を節約できるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.