ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年07月15日 08時29分 公開

「Chrome 84」の安定版公開 「SameSite Cookie」ラベル適用

GoogleがWebブラウザを「Chrome 84」にアップデートした。新型コロナ対策で一時ロールバックしていたサードパーティー製Cookie対策の「SameSite Cookie」ラベル適用を再開した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは7月14日(現地時間)、Webブラウザ安定版のアップデートとなる「Chrome 84」(バージョン84.0.4147.89。iOSはバージョン84.0.4147.71)をWindows、Mac、Linux、iOS向けに公開した。数日かけてローリングアウトしていく。

 このアップデートで、新型コロナ対策で一時後退していた「SameSite Cookie」ラベルの適用が再開された。

 chrome

  SameSite Cookieの取り組みは、大まかには、Webサイトオーナーが明示的に許可しない限り、サードパーティー製Cookieをデフォルトでブロックするというもの。ユーザーのプライバシー保護が目的だ。これにより、ユーザーはログイン情報やユーザー設定を保持しながら広告用Cookieだけをブロックできるようになる。

 セキュリティ関連では、危険度が最も高い「Critical」1件、2番目の「High」7件を含む38件の脆弱性が修正された。

【更新履歴:2020年7月15日午前9時10分 タイトルを修正しました。】



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.