ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2020年04月06日 10時22分 公開

Chromeのサードパーティー製Cookie対策、新型コロナによる混乱回避のため一時後退

Googleは、Chromeブラウザのバージョン80でロールアウトしてきたサードパーティー製Cookieのデフォルトブロック機能を、新型コロナに伴う混乱回避のため、一時的にロールバックすると発表した。サードパーティー製Cookieをサイトへのログインに使っているサービスの一部が対応しきれていないようだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは4月3日(現地時間)、Webブラウザ「Chrome」のバージョン80(最新版)で段階的に導入してきた「SameSite Cookie」ラベルの適用を、新型コロナウイルス感染症に起因するグローバルな非常事態に照らして一時的にロールバック(後退)させると発表した。

 chrome

 SameSite Cookieの取り組みは、大まかには、Webサイトオーナーが明示的に許可しない限り、サードパーティー製Cookieをデフォルトでブロックするというもの。ユーザーのプライバシー保護が目的だ。


 だが、一部のWebサイトではログインシステムでサードパーティー製Cookieを使っていることがあり、そうしたWebサイトがサードパーティー製Cookieを明示的に許可していないと、ユーザーがログインできなくなる可能性がある。

 Googleは公式ブログで、この対策は「銀行、オンラインショップ、政府関連サービス、医療関連などの重要なWebサイトの安定性を確保」するためだと説明した。特に医療関連は感染者急増の中、Webサイトの設定変更などに時間を割けないでいる可能性がある。

 Googleは、今夏にSameSiteの再開を目指すとしている。再開の際は、公式ブログとSameSiteの専用ページで事前に通知する計画。

 Googleは1月、新型コロナの影響でChromeのセキュリティ以外のアップデートを停止すると発表したが、3月26日にアップデートの再開を発表。3月17日に予定されていた「Chrome 81」の正式版は、4月7日に公開の予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.