ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年03月19日 10時07分 公開

Google、Chromeのアップデートをセキュリティ関連以外一時停止 新型コロナの影響で

従業員にテレワークを義務付けているGoogleが、WebブラウザChromeとChrome OSの今後のアップデートを一時的に停止する。セキュリティ関連は優先させるが、今週リリース予定だったバージョン81は予定通りにはリリースしない。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは3月18日(現地時間)、WebブラウザのChromeおよびChrome OSの今後のアップデートを一時的に停止すると発表した。セキュリティ関連については継続する。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策で担当者らがテレワークになったことなどによるものとみられる。発表文は「作業スケジュールを調整したため」となっている。

 Chromium Projectのページでは、バージョン81が今週中にリリースされる予定になっていた。

 chrome 今後の正式版リリーススケジュールは大きく変わる見込み

 同日、Chrome 80のセキュリティ関連のアップデート(80.0.3987.149)がWindows、Mac、Linux向けに配信開始された。このアップデートでは、危険度が上から2番目の「High」9件を含む13件の脆弱性が修正される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.