ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年10月05日 14時55分 公開

ニセモノ「Google Chrome」アプリに誘導、配送業者かたる詐欺メールから ソフトバンクが注意喚起

配送業者などを装ったメールやSMSに記載されたURLにアクセスすると、「Google Chrome」の偽アプリがインストールされる事象が発生しているとして、ソフトバンクが注意を呼び掛けている。

[ITmedia]

 ソフトバンクは10月5日、配送業者などを装ったメールやSMSに記載されたURLにアクセスすると偽アプリがインストールされる事象が発生しているとして、スマートフォンの利用者に注意を呼び掛けた。スマホアプリ「Google Chrome」の偽アプリが勝手にインストールされ、不審なメッセージが表示されるとしている。

photo
photo 「Google Chrome」の偽アプリがインストールされ、不審なメッセージが表示された例

 ソフトバンクによると、8月から9月にかけてスマホアプリ「Google Chrome」の偽物がインスト―ルされるという情報が同社に寄せられたという。

 アプリのインストール後「お客さまがご利用の銀行に対し、第三者からの不正なアクセスを検知しました。必ず更新手続きをお願いします」というメッセージが表示されたり、ユーザーが意図しないSMSが送信されたりする可能性があるとしている。

 ソフトバンクは、URLをタップして警告表示が出た場合はブラウザを閉じ、アクセスしないよう注意を促している。

photo 警告表示の一例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.