ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2020年09月07日 13時21分 公開

ヨドバシカメラのAndroidアプリに脆弱性 フィッシングサイトなど任意のURLへのアクセスに使われる恐れ

ショッピングアプリ「ヨドバシ」のAndroid版に、攻撃者によって任意のURLへのアクセスに使われてしまう脆弱性があるとして、JPCERT/CCが注意を呼び掛けた。

[井上輝一,ITmedia]

 ヨドバシカメラのショッピングアプリ「ヨドバシ」のAndroid版に、攻撃者によって任意のURLへのアクセスに使われてしまう脆弱性があるとして、JPCERT/CC(JPCERTコーディネーションセンター)が9月7日、注意を呼び掛けた。対策として、最新版へアップデートするよう案内している。

ヨドバシカメラのAndroidアプリに脆弱性

 ヨドバシのAndroid版アプリには、Androidの「Intent」という仕組みを利用して、他のアプリから送られてきたURLにアクセスする機能がある。しかし、同アプリにはリクエストの発行元を制限せず、任意のアプリからIntentを受け取って任意のURLへアクセスを行ってしまう、アクセス制限不備の脆弱性があるという。

 第三者がスマートフォンに対し遠隔操作を行い、同アプリを経由することで任意のWebサイトにアクセスすることも可能なことから、JPCERT/CCはフィッシングなどの被害にあう可能性があるとしている。

 同センターは、アプリを最新バージョン(1.8.8)にアップデートするよう呼び掛けている。

JPCERT/CCが呼び掛けている内容

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.