ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年11月19日 08時24分 公開

NVIDIA、データセンター向け“Ampere”GPUを強化 メモリ容量倍増し高帯域に

最新の「Ampere」アーキテクチャチップを使用した改良版。

[笹田仁,ITmedia]

 米NVIDIAは2020年11月16日、データセンター向けGPUの「NVIDIA A100 80GB GPU」を発表した。同社としては最新の「Ampere」アーキテクチャのGPUチップを使用している。フォームファクター(基板の形状)はNVIDIA独自の「SXM」を採用。OEMベンダーが製造するSXM対応マザーボードとのセット販売あるいはサーバに組み込んだ完成品の形での販売となる。

photo NVIDIAのデータセンター向けGPUの新製品「NVIDIA A100 80GB GPU」

 NVIDIAは5月にAmpereアーキテクチャのチップを発表した際、そのチップをSXMフォームファクターに搭載したGPU「NVIDIA A100 40GB GPU」を発表していた。今回の新製品は同じGPUを採用しながら、帯域幅が2.039Tバイト/秒の広帯域メモリ「HBM2e」を80GB搭載して性能を引き上げた。5月にNVIDIAが発表したNVIDIA A100 40GB GPUは帯域幅が1.555TB/秒の「HBM2」メモリを40GB搭載していた。新製品はメモリ帯域幅をおよそ1.35倍に拡張し、搭載メモリ容量は2倍となった。

 複数GPUを搭載したサーバで、GPU同士を接続する高速インターコネクト「NVLink」を搭載している点や、GPUを最大7つに分割してそれぞれ別々に使用できる機能「Multi-Instance GPU」(MIG)を備えている点は5月発表の製品と変わらない。

 NVIDIAは、メモリを特に強化した新製品について、大量のデータを使用するアルゴリズムでは特に性能が向上するとしている。例えばユーザーの好みを予測するレコメンデーションシステムに、深層学習を応用した「DLRM」(Deep Learning Recommendation Model)では、5月発表のGPUに比べて処理速度が3倍まで高速化が可能。気象予測や量子化学といった大量のデータを扱う科学技術計算では2倍近い性能を発揮するという。

 NVIDIA A100 80GB GPUを搭載したサーバは、米Dell Technologies、米Hewlett Packard Enterprise、中国Lenovo、富士通といったサーバベンダーや、台湾QuantaなどのOEMベンダーから2021年前半に登場する予定。

 さらに、NVIDIAは今回発表した新製品を搭載したワークステーション「NVIDIA DGX Station A100」 と、6Uラックマウントサーバ「NVIDIA DGX A100」も発売する。両製品とも2020年中に出荷開始予定。

photo 6Uラックマウントサーバ「NVIDIA DGX A100」(左)と、ワークステーション「NVIDIA DGX Station A100」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.