ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年11月19日 13時21分 公開

Amazon「みんなで応援」プログラム開始 支援が必要な施設・団体の「欲しいものリスト」を公開

アマゾンジャパンが、支援を必要とする施設や団体の「欲しいものリスト」を公開して寄付を募る「『みんなで応援』プログラム」を始めた。

[谷井将人,ITmedia]

 アマゾンジャパンは11月18日、支援を必要とする施設や団体の「欲しいものリスト」を公開して寄付を募る「『みんなで応援』プログラム」を始めた。プログラムには150以上の団体が参加。アマゾンジャパンは参加団体を今後も随時募集する。

photo

 Amazon.co.jpの特設ページで、日本YMCAや日本シングルマザー支援協会、動物保護施設などが必要としている物資のリストを公開。ランドセルや食品、おもちゃなどが登録されており、支援を行う人がリスト経由で購入した商品を、施設や団体に寄贈する。

photo

 アマゾンジャパンも年内に、独自に60以上の団体に向けて商品や支援金の寄付を行う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.