ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年11月20日 09時15分 公開

Google、RCS「メッセージ」のエンドツーエンド暗号化のテストを開始

Googleは、Androdアプリ「メッセージ」のRCSチャット機能でエンドツーエンド暗号化(E2EE)のテストを開始した。送受信双方がテストに参加していれば、E2EEでメッセージを送受信できる。

[ITmedia]

 米Googleは11月19日(現地時間)、 SMSの業界基準「Rich Communication Services(RCS)」プロトコル採用のチャットアプリ「メッセージ」での、エンドツーエンド暗号化(E2EE)のテストを開始したと発表した。

 「メッセージ」は、テキストメッセージ(SMS、MMS)とチャット(RCS)ができる公式アプリ。チャットはSMS、MMSの代わりにWi-Fiまたはモバイルデータ通信を使って高画質の画像を含むメッセージを送受信できる。この機能を使うには、相手もチャット機能をオンにする必要がある。

 rcs 1 Google Play Storeの「Messages」

 Googleは、「チャット機能の(日本を含む)グローバル展開を完了」したという。これにより、「メッセージ」アプリユーザー同士は世界中でRCSチャットが可能になる。

 rcs 2 「メッセージ」のRCSチャット可能地域

 E2EEのテストは今月から来年にかけて続ける。ヘルプページ経由でベータテスターとして申し込むと、対応するアップデートが届き、テストに参加できる。

 E2EEは、チャットするユーザーの双方が「メッセージ」アプリをインストールし、チャット機能を有効にしている場合にのみ使用可能だ。E2EEが有効の場合、メッセージの送信ボタンに鍵のマークが表示される。

 rcs 3

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.