ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年12月01日 10時21分 公開

英政府、Huaweiの5G製品設置停止期限を2021年9月末に NECとのトライアル提携も発表

英政府は、国内5Gサプライヤーに対し、来年9月末にHuawei機器の設置停止を義務付けると発表した。また、NECとの5Gトライアルでの提携も発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 英政府は11月30日(現地時間)、国内の5Gネットワークから中国Huaweiなどの“リスクの高いベンダー”を排除するロードマップと、通信サプライチェーンの多様化のための戦略を発表した。英政府は7月にHuawei製品の排除を発表している。

 7月の発表では、2020年末から新たなHuawei機器の調達を停止し、2027年末までにすべてのHuawei製品の排除を義務付けていた。ロードマップによると、2021年9月末日には、通信プロバイダーはHuaweiの5G製品の設置を停止しなければならない。

 roadmap Huawei排除のロードマップ(2021年9月末までの部分)

 Huawei依存から脱却し、5G通信市場を多様化するために、2億5000万ポンド(約348億円)を投じる。オープンネットワーク育成のためのSmartRAN Open Network Innovation Centre(SONIC)の設立と並行し、日本のネットワークサプライヤーNECとの新しいOpen RANトライアルに資金を提供する。NECは11月19日、英国でのGlobal Open RAN Center of Excellence開設を発表している。Open RANプロジェクトはウェールズに拠点を起き、2021年に安全な方法で5Gネットワークを展開するソリューションをテストする。

 英政府によるHuawei排除のタイムラインはプレスリリースで確認できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.