ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年12月01日 16時09分 公開

「アサシン クリード ヴァルハラ」に未審査の「禁止表現」 CEROが指摘、UBIはゲーム修正

11月10日発売の「アサシン クリード ヴァルハラ」の一部バージョンで、CEROの規定で「禁止表現」に当たる表現が。CEROによるレーティング審査時に提供された資料にない表現内容だったという。UBIはゲーム内容を修正した。

[ITmedia]

 ゲームのレイティングを手掛けるCERO(特定非営利活動法人コンピュータエンターテインメントレーティング機構)は11月30日、ユービーアイソフト(UBI)が10日に発売した「アサシン クリード ヴァルハラ」の一部バージョンに、CEROの規定で禁止されている表現があったと発表した。

 CEROは同ゲームを審査し、18歳以上のみ対象の「Z」に分類しているが、問題の表現は、CEROの審査時に提供された資料には存在しない「未審査の表現」だったという。

画像 アサシン クリード ヴァルハラ公式サイトより
画像 CEROの告知より

 問題の表現が含まれていたのは、UBIが公式サイトで販売していたダウンロード版。CEROはUBIに対応を依頼し、現在は、審査済コンテンツに差し替えられているという。CEROは同社に対して、経緯など詳しい説明を求めている。

 同ゲームをめぐっては、「ゲーム内の流血表現が、事前の告知なしに削除されている」とユーザーから指摘があり、UBIが11月18日、「日本で発売するために関係機関と協議した結果、流血表現を削除した」とし、「CEROなどとの協議の結果、削除することになった」と匂わせる発表をしていたが、これに対してCEROは「同社から一切ご連絡も協議のお申し出もいただいておらず無関係」と反論していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.