ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年12月02日 20時51分 公開

ロボットが自動でパスタ調理 ゆでる・混ぜる・鍋も洗う プロントなどが開発中

プロント運営元とロボットベンチャーのTechMagicが、自動でパスタを調理するロボットを共同開発中。ロボットアーム、カメラ、センサーなどを搭載。パスタをゆでる、かき混ぜる、鍋を洗うといった作業を自動化できる。

[ITmedia]

 カフェチェーン「プロント」などを運営するプロントコーポレーションとロボットベンチャーのTechMagic(東京都江東区)は12月2日、自動でパスタを調理するロボットを共同開発していると発表した。鍋に入ったパスタをゆでる、麺をソースや具材と一緒にかき混ぜる、使い終わった鍋を洗うといった作業を自動化できるという。

photo プロントコーポレーションとTechMagicが開発中の「パスタ調理ロボ」

 2021年上半期をめどにプロントの店舗に導入する予定。キッチンカウンターの上にロボットアーム、カメラ、センサーなどを設置したもので、来店した客が店内のタブレットでパスタを頼むと、ロボットが自動で調理を始める仕組み。パスタをゆでながら洗い物をするなど、異なる作業を同時にできるという。

photo 「パスタ調理ロボ」の全体像

 プロントのパスタメニューのうち、現時点で数種類の調理に対応しているという。調理できるパスタは順次増やすとしている。

 現時点では、一度に調理できるパスタの量、調理のスピード、カメラやセンサーの台数、想定される人件費の削減効果――といった詳細は非公開。実用化した場合は、飲食業界の人手不足の解決や、人同士の接触機会の削減などが見込めるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.