ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2020年12月03日 14時17分 公開

「ワークマン」偽通販サイトに注意 「安すぎ」「振込先が個人」など特徴

ワークマンのオンラインストアを装った偽サイトが確認されている。価格が極端に安かったり、支払方法が銀行振込など前払いのみだったり、振込先の銀行口座が個人名義になっていたりするという。利用すると、個人情報を詐取されたり、商品が届かなかったりといった被害にあう可能性がある。

[ITmedia]

 作業着などを開発・販売するワークマンは、同社のオンラインストアを装った偽サイトが確認されているとし、ユーザーに注意を促した。偽サイトを利用すると、個人情報を詐取されたり、お金を振り込んでも商品が届かなかったりなどの被害にあう可能性があるとして、注意を呼び掛けている。

画像 注意喚起
画像 本物のワークマンオンラインストアより(URLは https://workman.jp )

 ワークマンの本物の通販サイトのURLは「https://workman.jp」、企業サイトは「https://www.workman.co.jp」。これ以外のドメインでワークマンを名乗っている場合、偽サイトの可能性がある。

 偽サイトでは、同社以外の商品が販売されていたり、価格が極端に安かったり、支払方法が銀行振込など前払いのみだったり、振込先の銀行口座が個人名義になっていたり連絡先に電話番号がないまたは携帯電話の番号が使われていたり、問い合わせ先のメールアドレスがフリーメールのドメインになっていたりするという。

 こういったサイトを利用すると、ユーザーのIDやパスワード、個人情報を詐取されたり、代金振込後も商品が届かない、偽の商品が届けられるといった被害にあう可能性が考えられるとして、注意を呼び掛けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.