ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年12月04日 11時37分 公開

富士通、社長ら5人を減俸処分 東証システム障害で 社長報酬50%カット

10月1日に東京証券取引所でシステム障害が発生し、全銘柄の取引が終日停止となった問題を受け、富士通は12月3日、時田隆仁社長を始め役員5人の減俸処分を発表した。

[ITmedia]

 10月1日に東京証券取引所でシステム障害が発生し、全銘柄の取引が終日停止となった問題を受け、富士通は12月3日、役員5人の減俸処分を行うと発表した。時田隆仁社長の月額報酬は、4カ月間にわたって50%減額する。

photo 10月1日にシステム障害が発生した東京証券取引所

 対象は時田社長の他、古田英範副社長と関係役員3人。社長以外の4人は4カ月間、月額報酬の10〜30%を減額する。同日開催した臨時取締役会で処分を決定した。

 東証のシステム障害は、富士通が開発した株式売買システム「arrowhead」(アローヘッド)で発生。調査の結果、富士通の製品マニュアルの不備によって、機器が故障した際の自動切り替え機能がオフになっていたことや、東証が切り替えのテストを行っていなかったことが分かった。

 障害の発生を受け、金融庁は11月30日、東証と親会社の日本取引所グループ(JPX)に業務改善命令を出した。同日付で東証の宮原幸一郎社長が引責辞任し、12月1日付でJPXの清田瞭CEO(最高経営責任者)が東証の新社長に就任した。

 富士通はシステムの再点検や品質保証体制の強化を行い、再発防止策の徹底に努めるとしている。

photo 富士通による発表

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.