ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年12月07日 15時44分 公開

AIがコメの銘柄を判定する新アプリ スマホの写真を解析

AIを活用し、コメの銘柄を判定するスマートフォンアプリが開発された。アプリを起動したスマホでコメを撮影すると、銘柄が画面に表示される。

[ITmedia]

 クラウドサービスなどを手掛けるヘプタゴン(青森県三沢市)と米穀卸業のKAWACHO RICE(同市)は12月7日、AIを活用し、コメの銘柄を判定するスマートフォンアプリの実験「RiceTagプロジェクト」が成功したと発表した。アプリを起動したスマホでコメを撮影すると、青森県産の銘柄である「青天の霹靂」などを画面に表示する仕組み。今後は実用化に向け、判定の精度を上げていくという。

photo AIを活用し、スマートフォンアプリでコメの銘柄を判定

 実験では、青森県産米4銘柄と秋田県産米4銘柄のコメを無作為に抽出。アプリで銘柄を判定したところ、人の目視による検査と同等以上の正解率を得られたとしている。

 これまでコメの銘柄の判定は、専門の資格を持つ農産物検査員が目視で実施していたが、検査員の経験や勘を頼りに行われ、判定基準となる具体的なデータが存在しなかった。そこで2社が協力し、2019年夏にスマートフォンアプリの開発を始めたとしている。今後は判定できる銘柄を増やし、検査員の負担を減らすという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.