ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年12月07日 20時21分 公開

ビデオ編集ソフト「PowerDirector」がmacOSに初対応 サブスク版で月額2180円から

台湾CyberLinkがビデオ編集ソフト「PowerDirector」がmacOSに初対応したと発表した。サブスクリプション版で1カ月2180円(税込、以下同)、年間契約なら8480円(同)。

[ITmedia]

 台湾CyberLinkは12月7日、ビデオ編集ソフト「PowerDirector 365」のmacOS版を発表した。同ソフトのmacOS対応は初。利用料金は1カ月で2180円(税込、以下同)、年間契約なら8480円となる。

photo macOSに初対応した「PowerDirector 365」

 「PowerDirector 365」は「PowerDirector」のサブスクリプション版。同社はクロマキー合成やキーフレーム制御など動画編集機能の他、BGMやカラーLUT、テンプレートなどのアドオンコンテンツを無制限に利用できるとしている。

 同ソフトはPC向けにはこれまでWindows専用ソフトとしてリリースされており、macOSへの対応はシリーズ初。一方、スマートフォン向けにはiOS・Androidともにアプリをリリースしており、累計で1億3000万ダウンロードを記録しているという。

 同社のジャウ・ホァン最高経営責任者(CEO)は「多くのクリエイターやデザイナーは、macプラットフォームを広く利用している。PowerDirector初のmacOS版のリリースにより、クリエイティブなアイデアを実現できる合理化された制作ワークフローをMacユーザーに提供できることをうれしく思う」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.