ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年12月09日 11時18分 公開

Googleアシスタント、Samsungのスマートデバイスの操作が可能に(日本語でも)

GoogleとSamsungがスマートホーム製品で提携し、SamsungのアプリでGoogleのNestカメラやサーモスタットを制御できるようにする。また、SmartThingsアプリとGoogleアシスタントをリンクさせることで、Samsungのスマート家電をGoogleアシスタントで操作できるようにする。

[ITmedia]

 米Googleと韓国Samsung Electronicsは12月8日、Samsung傘下の米スマートホーム企業SmartThingsによるGoogleのNest製品のサポートを来年1月に開始すると発表した。Nestシリーズのホームカメラやサーモスタットなどの一連の製品がSmartThings対応製品認証の「Works With SmartThings」(WWST)を取得した。

 SmartThingsは既に180以上のブランドを認定し、6300万以上のユーザーを擁しているが、Google製品は認定されていなかった。

 この認証により、Nest製品をSamsungのSmarThingsアプリで制御できるようになる。例えばSamsungのスマートTVやスマート冷蔵庫でNestのホームカメラの映像を確認することなどが可能になる(Nestのセキュリティ製品は日本では販売されていない)。

 smart スマート冷蔵庫でNestカメラの映像をチェック

 また、10月に発表したSamsungのスマートTVによる「Googleアシスタント」対応に続き、Googleアシスタントで操作できるSamsung製スマートデバイスのラインアップを拡大する。SmartThingsアプリを含む複数のSamsungのアプリでGoogleアシスタントにリンクすることで、例えば「ヘイGoogle、オーブンを350度で予熱して」と言うことでSamsung製スマートオーブンを操作できるようになる。この機能は、日本語でも利用可能になる。

 Samsungには独自アシスタント「Bixby」があるが、同社のスマートホーム製品は米Amazon.comの「Alexa」には2015年から対応している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.