ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年12月10日 13時36分 公開

DNPと産経新聞社、「情報銀行」で新会社 個人情報を収集、同意の上で外部提供

大日本印刷と産業経済新聞社が、「情報銀行」の事業化に向け新会社を設立。折半出資で、資本金は9000万円。2021年2月にサービスを開始する予定。

[吉川大貴,ITmedia]

 大日本印刷(DNP)と産業経済新聞社は12月10日、「情報銀行」事業を手掛ける新会社「ライフラ」を設立したと発表した。折半出資で、資本金は9000万円。一般消費者などから同意のもとで個人情報を預かり、データを必要とする第三者に提供する。2021年2月に事業を始める予定。

photo サービスのイメージ

 この事業では、個人に優待券や割引券などを提供する代わりに、氏名、年齢、趣味嗜好、将来の目標といった個人情報を、本人の同意のもとで受け取る。預かった情報の管理や運用は、情報銀行の普及や安全確保に取り組む日本IT団体連盟が定めた基準にのっとって行う。

 データは新会社が管理し、「サービスや商品の開発に使いたい」とのニーズを持つ企業に提供する。蓄積したデータの中から、事業者に必要な情報を選び出すサービスも行う予定だ。

 DNPと産業経済新聞社は今後、個人情報の利用・提供を希望する個人・企業を募り、サービス開始の準備を進める。新会社も実証実験などを行い、事業化に備えるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.