ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年12月11日 08時01分 公開

民泊大手Airbnbの株式公開 初値は公開価格の112%(倍以上)

米民泊大手のAirbnbがNasdaq市場にIPOした。公開価格は68ドルで、初値はそれを112%上回る146ドルだった。チェッカーシンボルは「ABNB」。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米民泊大手のAirbnbは12月10日、米Nasdaq市場に新規株式公開(IPO)した。公開価格は1株68ドルで、初値はそれを112%(2倍以上)上回る146ドルで、時価総額は約865億ドル(約9兆円)になった。ティッカーシンボルは「ABNB」だ。

 stock

 新型コロナ禍で旅行は少なくなっているが、ホストと接触せずに家族や友人とだけ宿泊できるAirbnbの需要は、コロナ禍下でも一般の宿泊施設よりも減収幅は少ない(第3四半期の売上高は17%減)。3月にはコロナ関連を理由としたキャンセルはペナルティなしにし、コロナに対処するルールを制定した。

 NasdaqではIPOを行う企業の代表者がその日のオープニングベルを鳴らす習わしだが、コロナ禍でブライアン・チェスキーCEOらはベルを鳴らさず、オンラインでメッセージを送り、市場スタート時には予めAirbnbが用意した、世界中のホストが呼び鈴を鳴らす動画が流れた。

 bells

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.