ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年12月11日 13時21分 公開

Google、Intel、ZoomなどがクラウドとITツール変革を目指す「Modern Computing Alliance」結成

Google、Intel、Box、Dell、Slack、VMware、Zoomなどが、企業向けクラウドの共通の問題を解決し、新たな標準と相互運用可能な技術開発を推進するアライアンス「Modern Computing Alliance」を立ち上げた。

[ITmedia]

 米Googleは12月10日(現地時間)、「シリコンからクラウドへのイノベーションを推進するために、企業に統合されたビジネスソリューションの選択肢を提供する」ことを目指す企業連合「Modern Computing Alliance」を結成したと発表した。立ち上げメンバーは、Box、Citrix、Dell、Google、Imprivata、Intel、Okta、RingCentral、Slack、VMware、Zoomだ。

 mca 1

GoogleのChrome OS担当副社長を務めるジョン・ソロモン氏は公式ブログで、モダンコンピューティングの定義を「どこからでも、どのデバイスでも体験できる、統合された安全なエクスペリエンスを作成すること」と説明する。

 まずは、「パフォーマンス」「セキュリティとアイデンティティ」「リモートワーク、生産性、コラボレーション」「ヘルスケア」の4つの分野に焦点を当て、企業がクラウド上で作業する方法と、そのために使うツールに関する共通の問題を解決するための知識とリソースを蓄積し、新たな標準と相互運用可能な技術開発を推進していく。

 mca 2

 米TechCrunchによると、Googleの広報担当者は同メディアに対し「この提携の焦点は、Google Chromeエコシステムの革新と相互運用性を推進し、企業顧客の選択肢を増やし、今日の企業が直面している最大の技術的課題のいくつかに対処するのを支援すること」と語ったという。「Modern Computing AllianceのWebサイトにはChromeという単語は表示されないが、企業がChromeとChrome OSを採用するのを支援するのが目的だ」とTechCrunchは指摘した。

 アライアンスは今後、問題を特定・解決する方法を探求する専門家会議を支援するために、多数の専門家の参加を呼びかけている。2021年前半には、いくつかの具体的な行動計画を発表する予定だ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.