ITmedia NEWS >
ニュース
» 2020年12月11日 18時48分 公開

Amazon.co.jp、ペット用品を割り引く「Prime Pets」をプライム会員以外にも提供

[今藤祐馬,ITmedia]

 アマゾンジャパンは12月10日、「Amazonプライム」の会員限定で提供していたペット用品の購入支援サービス「Prime Pets」を、全ユーザーに開放すると発表した。サービス名も「ペットプロフィール」に変更する。ユーザーが獣医師にペットフードの選び方などを相談できるサービスも新たに始める。

 ペットプロフィールでは、ユーザーが飼っている動物の種類や名前、年齢などを登録すると、その動物に合ったペット用品の割引クーポンなどをAmazon.co.jp上で配信する。登録できる動物は犬、猫、魚、鳥、爬虫(はちゅう)類、馬など。

 犬・猫の情報を登録したユーザーには、獣医師にペットフードの選び方を相談できるサービス「獣医師フード相談」を無料で提供する。ユーザーが専用ページから相談を申し込むと、Amazon.co.jpで販売中のペットフードの中から、獣医師がユーザーのペットに合ったものを選び、電話で提案する。

 動物を飼っているユーザーの満足度を上げるための施策という。これまでPrime Petsを利用していたユーザーは、登録済みの情報をペットプロフィールに引き継げる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.