ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年12月14日 17時48分 公開

シャープ、IGZO採用の「スマートバス停」発売 電源ない場所にも設置可

シャープマーケティングジャパンが液晶ディスプレイに時刻表を表示する「スマートバス停」を12月中旬に発売する。IGZO液晶ディスプレイの他、太陽光パネルや蓄電池を搭載し電源がない場所に設置できる。

[ITmedia]

 シャープマーケティングジャパンは12月14日、液晶ディスプレイに時刻表を表示する「スマートバス停」を12月中旬に発売すると発表した。太陽光パネルや蓄電池を搭載し、電源がない場所に設置できる。

photo 「スマートバス停」のイメージ図

 反射型のカラーIGZO液晶ディスプレイ(31.5V型)を採用する。日中は太陽光などの外光を光源に、直射日光下でも時刻表やお知らせなどを表示する。昼間に発電した電気を蓄電池に備え、日照量が少ない日や夜間も稼働。バックライトで時刻表を表示する。

 AIやIoTを活用したデータ分析サービスなどを手掛けるYE DIGITAL(福岡県北九州市)と共同で開発。通信機能を備え、遠隔操作で時刻表の書き換えができる。従来のバス停で必要だった時刻表など掲示物の貼り替え作業が不要になり、時間やコストを削減できるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.