ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年12月17日 12時38分 公開

Twitter、新型コロナワクチン関連の偽情報ツイートを削除へ

米Twitterが、新型コロナワクチン関連の偽情報ツイートを削除する方針を発表。来週中に特に悪質な投稿の削除を始め、年明け以降はその他のツイートにラベルを付ける。

[ITmedia]

 米Twitterは12月16日(現地時間、以下同)、新型コロナウイルスのワクチン接種に関する誤った情報を含むツイートを削除する方針を発表した。21日に新しいポリシーを適用し、来週中に特に悪質な投稿の削除を始める。年明け以降はその他のツイートにもラベルを付ける。

photo 米Twitterによる発表

 Twitterは削除対象となるツイートの例として「新型コロナワクチンは人々を操る目的や、危害を加える目的で使われる」「新型コロナは深刻な問題ではなく、予防接種を受ける必要はない」と主張するものや、副作用に関する虚偽の情報を挙げている。

 Twitterは「ワクチンについての誤った情報は公衆衛生上の重大な課題になっており、(ツイートの削除によって)人々に潜在的な危害をもたらす情報を減らす」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.