ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年12月21日 16時04分 公開

動く実物大ガンダム、2つのギネス世界記録に認定 「最大の可動型ヒューマノイドロボット」など

「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」を運営するEvolving Gは12月21日、全高18mの動く実物大ガンダムが「最大の可動型ヒューマノイドロボット」など2つのギネス世界記録に認定されたと発表した。

[ITmedia]

「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」を運営するEvolving Gは12月21日、全高18mの動く実物大ガンダムが「最大の可動型ヒューマノイドロボット」など2つのギネス世界記録に認定されたと発表した。

認定証を受け取るガンダムGLOBAL CHALLENGEの宮河恭夫代表理事

 記録は「最大の可動型ヒューマノイドロボット」と「最大の可動型ガンダム」の2つで記録数値は18m。ガンダムを製作した一般社団法人ガンダムGLOBAL CHALLENGEが記録保持者になった。登録は12月3日付。

 動く実物大ガンダムを制作するプロジェクトは2014年にスタートした。全世界からアイデアを募り、「ガンダムの生みの親」として知られる富野由悠季総監督のもと、ロボット研究者や関連企業で構成するプロジェクトチームが巨大な可動型ガンダムを作り上げた。

 18日には最終試験を兼ねた「起動式」を実施。NHKがBSプレミアムで生中継した。

 一般公開は19日の午前10時から。入場料は大人1650円(税込)。ガンダムを間近で見られる特別観覧デッキ「GUNDAM-DOCK TOWER」は別途3300円(税込)が必要になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.