ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年12月22日 18時08分 公開

“VR松屋”でアルバイトの研修 仮想空間で調理、接客、トラブル対応など学ぶ

牛丼チェーン「松屋」での接客を体験できるVRコンテンツが登場。松屋でのアルバイトスタッフの教育を効率化する狙い。受講者がVR空間で、牛丼などの調理やトラブル対応を体験できる。

[今藤祐馬,ITmedia]

 eラーニング教材を開発・提供するデジタル・ナレッジ(東京都台東区)は12月22日、CG制作を手掛ける積木製作(東京都墨田区)と共同で、牛丼チェーン「松屋」での接客を体験できる研修用VRコンテンツを開発したと発表した。松屋を運営する松屋フーズが導入し、アルバイトスタッフの教育を効率化するという。

photo “VR松屋”で牛丼を調理する様子

 受講者がVR空間で体験できるのは、牛丼などの調理、券売機の操作、ピーク時の混雑対応、トラブル対応など。ヘッドマウントディスプレイを装着し、CGで再現された手本を見ながら動作をまねすることで、接客時の動き方を身に着けられるとしている。

photo “VR松屋”であいさつを練習する様子

 接客の要点を解説するナレーション、混雑時の正しい対応を学べるクイズなどの機能も搭載。ユーザーが手本を再現する際に、調理の手順や速度、声の大きさなどを判定する仕組みも備える。日本語、ベトナム語、中国語に対応し、近年増えている外国人スタッフの教育にも使用できる。

photo “VR松屋”の店内の様子

 松屋では一般的に、店長や社員が新人教育を担当しているが、OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)や知識のレクチャーに3時間ほどかかる場合があり、本来の業務の妨げになっているという。VR研修を先行導入した店舗では、教育時間の短縮、店長の労働時間削減、コストカットなどの効果が出ており、今後は全国展開を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.