ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年12月25日 16時13分 公開

軽トラの荷台がオフィスに 通信環境も完備 ドコモらと妙高市が“雪山ワーケーション車両”の実験

荷台を簡易オフィスにした軽トラックを貸し出す実証実験を、NTTドコモらが新潟県妙高市で行う。荷台にはソファとモニターを搭載し、通信環境も用意。ワーケーションの場としてスキー・スノーボード愛好家などに提供する。

[ITmedia]

 NTTドコモ、ダイハツ工業、シンクタンク事業などを手掛ける青山社中(東京都港区)は12月25日、荷台を簡易オフィスにした軽トラックを貸し出す実証実験を、新潟県妙高市と共同で行うと発表した。荷台にはソファとモニターを搭載し、通信環境も用意。旅先で働く「ワーケーション」の場として提供する。

photo 実証実験で貸し出す軽トラック

 実施期間は2021年1月12日〜3月31日。妙高市を訪れるスキー・スノーボード愛好家の利用を見込む。3社と妙高市は「仕事をしながら息抜きにゲレンデで遊んだり、ナイター設備のあるスキー場で、満天の星空を見ながら仕事を行ったりできる」としている。

 車両の予約と引き渡しは妙高市内のレンタカー事業者が受け付ける。料金(税込)は6時間プランが2420円、12時間プランが2635円、24時間プランが4070円。延長料金は1時間当たり1265円。

 ドコモは通信環境を用意し、ダイハツは車両を提供。青山社中は実験結果を踏まえ、妙高市に政策に関する助言などを行う。3社と妙高市は今後、簡易オフィスの機能改善や決済手段の拡充なども行っていくという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.