ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年01月07日 19時53分 公開

Intel、エッジ処理の顔認証技術 深度センサー「RealSense」をベースに深層学習で高速処理

ローカルで全て処理するIntel RealSense ID登場。

[松尾公也,ITmedia]

 米Intelは1月6日(米国時間)、顔認証システム「Intel RealSense ID」を発表した。「RealSense」をベースとし、専用の深層学習チップで高速に処理するためネットワークへの接続が必要ないという。

photo Intel RealSense ID

 写真や顔に似せたマスクなどによる偽装を排除するセキュアな仕組みで、偽装による突破の確率は100万分の1程度だとしている。入退場管理、スマートロック、ATM、販売端末などでの利用を見込む。

 顔画像は全てローカル処理し、ユーザーデータを暗号化するため、ユーザーのプライバシー保護に配慮しているとしている。

photo Intel RealSense ID

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.