ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年01月09日 08時32分 公開

短命の超短編配信サービス「Quibi」のコンテンツをストリーミング端末のRokuが買収

CES 2020で華々しく発表されたがユーザー数が伸びずに10月に終了した超短編動画配信サービス「Quibi」のコンテンツを、米ストリーミング端末シェアトップのRokuが買収した。RokuはQuibiのコンテンツをユーザーに無料で提供する計画だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米ストリーミング端末シェアトップの米Rokuは1月8日(現地時間)、昨年10月にサービスを終了した超短編配信サービスQuibiのコンテンツと配信権を買収したと発表した。買収総額など取引の詳細は不明だが、米Varietyによると1億ドル未満という。

 Quibiは米The Walt Disney Studiosの元会長、ジェフリー・カッツェンバーグ氏が立ち上げ、米HPEの元CEO、メグ・ホイットマン氏がCEOを務めた動画配信サービス企業。CES 2020でサービスを発表し、4月にスタートしたがユーザー数が伸びず、数カ月で終了し、コンテンツとプラットフォームの売却先を探していた。

 quibi 在りし日のQuibi

 サブスクリプション料金は、広告付きは月額4.99ドル(約525円)、広告なしは月額7.99ドルで、ハリウッドレベルの1回10分未満のコンテンツが売りだった。

 Rokuは獲得したQuibiのコンテンツをすべて加入者に無料で提供する計画だ。

 Rokuは米Amazon.comの「Fire TV」や米Appleの「Apple TV」(ハードウェア)、米Googleの「Chromecast」シリーズと競合するストリーミング端末サービス。北米と英国でのみサービスを提供しており、「Netflix」「Prime Video」「Apple TV(サービス)」「YouTube」「Disney+」など幅広いサービスをサポートする。

 roku Roku

 NPDのWeekly Retail Tracking Service調べでは同社の「Roku TV」は2020年、米国で市場シェアの38%を占めてトップだったという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.