ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2021年01月13日 08時13分 公開

Appleのティム・クックCEO、米議事堂襲撃「大統領に説明責任」

米テレビニュース番組に出演したティム・クックCEOはParlerのアプリ削除などについて語った。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 CBS This Morningが、Appleのティム・クックCEOへのインタビューを公開している

photo ティム・クックCEO

 Appleが週末に極右に人気のソーシャルメディアアプリ「Parler」をApp Storeから削除したことに関し、クックCEOは「このプラットフォームは暴力を煽る投稿を適切に監視していなかったことで、Appleの利用規約に違反していた」と説明。

 2021年合衆国議会議事堂の襲撃について意見を聞かれたクックCEOは「法の上に立つ者はいないと思う。それが私たちの国の素晴らしいところだ。法治国家の一端を担った者は、皆、責任を問われるべきで、放っておくべきではないと考える。説明責任を果たすことが重要だ」と述べ、ドナルド・トランプ大統領に説明責任があると語っている。

photo ホワイトハウス公式ページより。リンクされているTwitterアカウントは凍結されている

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.