ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年01月13日 12時27分 公開

JR東、深夜の列車を一部削減 終電繰り上げも 国・自治体からの要請踏まえ

JR東日本は、終電付近の一部列車の運行を、20日から当面の間取りやめる。一部区間では終電時刻も繰り上がる。緊急事態宣言に伴う国や自治体からの要請を踏まえた措置という。

[ITmedia]

 JR東日本は1月13日、山手線や東海道線などで、終電付近の一部列車の運行を、20日から当面の間、取りやめると発表した。一部区間では終電時刻も繰り上がる。緊急事態宣言に伴う国や自治体からの要請を踏まえた措置という。

画像 山手線外回りの終電付近の時刻表

 対象は、山手線や東海道線、横須賀線など11線区・計42本(土休日は計40本)。

 例えば山手線外回りでは、終電を含む3本を削減。池袋駅の着の終電は午前0時50分着と、19分繰り上がる。削減される列車の詳細はニュースリリース(PDF)で確認できる。

 同社サイト上の「各駅の時刻表」は1月15日ごろ修正し、JR東日本アプリの乗換検索への反映は17日ごろを予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.