ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年01月14日 14時18分 公開

USJ「スーパー・ニンテンドー・ワールド」開業延期 緊急事態宣言受け

USJの「スーパー・ニンテンドー・ワールド」が開業延期。大阪府に緊急事態宣言が出たため。2月4日にオープン予定だったが、宣言解除後にオープンする。

[ITmedia]

 大阪市内のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)は1月14日、大阪府への緊急事態宣言が発令されたことを受け、2月4日オープン予定だった新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の開業を延期すると発表した。

画像 スーパー・ニンテンドー・ワールドのマップ

 大阪府の緊急事態宣言は1月14日から2月7日まで。スーパー・ニンテンドー・ワールドは、緊急事態宣言解除後にオープンする予定だ。

 USJは宣言発令中、パークを「政府や地元自治体の方針に協力して、入場者数を大幅に制限して営業していく」としている。

 スーパー・ニンテンドー・ワールドは、スーパーマリオシリーズなど任天堂のゲームの世界を再現した新エリア。ARやプロジェクションマッピングなども使って歴代ゲームの名シーンを再現した「マリオカート 〜クッパの挑戦状〜」、ヨッシーの背中に載って冒険する「ヨッシー・アドベンチャー」といった乗り物、マリオやルイージと写真を撮れる「ミート&グリート」などが体験できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.