ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年01月15日 13時20分 公開

武田大臣、KDDIの新料金プランは「非常に紛らわしい」 「条件をハッキリせず『一番安い』とするのは残念」

KDDIが新料金プラン「povo」を発表したことを受け、総務省の武田良太大臣が「非常に紛らわしい発表だった」と発言した。

[安田晴香,ITmedia]

 KDDIが新料金プラン「povo」を発表したことを受け、総務省の武田良太大臣は1月15日の会見で「非常に紛らわしい発表だった」と発言した。

photo 総務省の武田良太大臣(1月15日、公式YouTubeチャンネルより)

 povoは月間のデータ通信容量が20GBで月額2480円(税別、以下同)のプラン。4G通信に加え、夏以降は5G通信にも対応する。通話料は30秒ごとに20円がかかる他、1回当たり5分以内の国内通話を何度もかけられる「5分以内通話かけ放題」(月額500円)や「通話かけ放題」(同1500円)をオプションとして提供。KDDIは「3キャリアの中で最安値を目指した」としている。

photo
photo povoは月間のデータ通信容量が20GBで月額2480円(税別)。KDDIは通話料が別途かかると説明していた

 一方、他の大手キャリア2社はそれぞれ、月20GB・2980円で5分以内の国内通話が無料のプラン(ドコモが「ahamo」、ソフトバンクが「SoftBank on LINE」)を発表。povo(月額2480円)も5分以内の国内通話をかけられる「5分以内通話かけ放題」(同500円)を追加すると、月2980円のプランとなる。

 これに対し武田大臣は「最安値と言いながら他社と同じ値段だったというのは、(利用者に)もっと分かりやすいやり方をしっかり考えてほしい」と自身の考えを表明。「(povoが)通話料を含まずに2480円という書き方だったのか、(他社と)同じ条件で2480円だったのか、ハッキリしないままに国民に対して『他社よりも一番安い』と思わせるようなやり方は非常に残念」とした。

 対策として「利用者が契約し、いざ使ったら条件が違うというトラブルが起こらないよう、事業者は国民にとって分かりやすく、選びやすい説明の方法を行ってほしい」と述べた。

 また大手事業者の新プランが出そろい、乗り換え手数料の無料化なども発表されていることを受け、「利用者が使っているプランが求めているプランなのか、自己検証してもらうことが重要」と言及。

 事業者に対しても「最低価格で宣伝するのではなく、価格の内訳も利用者が理解し納得できる、つまびらかにする条件を示していただきたい」とし、「事業者にとって良いことばかり示すのではなく、内訳を分かりやすく利用者に示すことが重要」と述べた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.