ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2021年01月25日 20時31分 公開

東京五輪の公式Twitterアカウントが一時凍結、組織委が謝罪 原因は“誕生日”

東京オリンピック・パラリンピックの公式Twitterアカウントが一時凍結された問題で、大会組織委員会はアカウントの誕生日設定にミスがあったと明らかに。組織が発足した2014年1月を誕生日としたことでTwitterの利用年齢に関する規約に抵触した。

[ITmedia]

 東京オリンピック・パラリンピックの公式Twitterアカウントが1月24日に一時凍結された問題で、大会組織委員会はアカウントの誕生日設定にミスがあったと明らかにした。

photo 東京オリンピック・パラリンピックの公式Twitterアカウント

 大会の公式アカウントは24日に一時、「存在しません」と表示され、Twitter上で話題になっていた。組織委によると、担当者がアカウントの誕生日を組織委が発足した2014年1月24日に設定したところ、「7歳のアカウント」と判定され、利用制限がかかったという。

 米Twitterはユーザーの利用年齢を「13歳以上」と利用規約で定めており、このルールに抵触した。

photo Twitterの利用規約

 その後、組織委の担当者がTwitter側に報告し、同日中に復旧した。

 組織委は「フォロワーの皆さまにはご迷惑とご心配をおかけし、申し訳ございません」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.