ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年01月28日 09時05分 公開

モーションキャプチャにも使えるリアルタイム曲げセンサー「ShArc」Innovative Tech

リアルタイムで曲げ測定ができることでさまざまな用途が生まれそうだ。

[山下裕毅,ITmedia]

Innovative Tech:

このコーナーでは、テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア「Seamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。

 米ジョージア工科大学とカナダTactual Labsの研究チームが開発した「ShArc」は、細長い平面的なデバイスの曲げをリアルタイムに計測する静電容量式センサーだ。複雑な曲線の検出も可能だ。

photo センサーを曲げてリアルタイムに計測している様子

 本体は平らで細長く、軽量で柔軟、低消費電力で製作コストも安価だ。計測は、センサーの内層と外層の相対的な移動によって局所的な曲率を測定し、形状モデリングを行う。

photo ShArcは平らで細長く柔軟に曲げることができ、その曲率をリアルタイムで計測する

 送信電極と受信電極とをペアになるように上下に重ねて等間隔に配置。デバイスが曲がった際の電極間の重なり度合い、ズレから生じる静電容量の変化を調べることで曲率を導き出す。

photo 等間隔にペアになった電極セットが組み込まれており、曲がることでその重なりがずれ、静電容量が変化する

 従来のモーションキャプチャーのように、関節などの点を捉えて動き全体を予測するよりも、正確なトラッキングが行えるとしている。

 活用事例としては、手に貼り付けて指の関節による動きを計測する、背骨に沿って貼り付け湾曲する姿勢を計測する、花瓶などの曲線がある彫刻の計測──などが考えられるという。

photo 指と手首の関節の曲がりを測定
photo 姿勢の曲がりを測定
photo 曲線を持つ物体を測定

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.